ピックアップ

切手帳 日本の建築シリーズ 第2集

お札と同じ印刷方法で作られる凹版印刷って?

切手は金属板の凹んだ画線部にインキを詰めて紙に転写する凹版印刷。これは、お札の図柄にも使われているものと同じ特殊な印刷方法で、切手の図柄を触るとお札と同じようにざらざらしています。
ちなみに図柄の原版は、切手と同じサイズの金属板に特殊な彫刻刀を使って人の手で掘られており、1mmの幅にある線の数はなんと十数本もあるんです!

「切手帳 日本の建築シリーズ 第2集」は日本の代表的な建築物である「教王護国寺五重塔」と「東京タワー」を題材にした単色凹版印刷の切手シートと特製台紙がセットになっています!

詳細を見る

切手・はがき

期間限定で販売するはがきや切手など、季節感あふれる郵便商品をご紹介します。

特殊切手「和の文様シリーズ 第2集」

特殊切手「日本の建築シリーズ 第2集」

切手のトリビア

切手にまつわるちょっと気になる雑学や知識をご紹介します。

  • 切手はなんで切手というの?
  • 切手女子が静かなブーム?
  • 鉄道切手は細部まで!?
  • 日本で1番最初の切手はいつ発行されたの?
  • 卵の影に・・・
  • 日本で1番大きい切手はいつ発行されたの?

切手のマナー

知っておくと役立つ切手のルール・マナーをご紹介します。

  • 慶事切手
  • 喪中はがきの切手
  • 切手を貼る位置
  • 切手を貼る枚数

詳細を見る