いざ贈るときに気になる疑問を解消 おさえておきたいお中元のマナー

「お世話になっている方に何か贈りたいけど、どうすればいいのかわからない」とお悩みの方に。
初心者でも安心のお中元のマナー、さらに相手に感謝の気持ちを伝えるお礼状の書き方など、
いざ贈るときに心配になる疑問にお答えします。

時期についての質問

Q1:いつまでに贈ればいいの?

関東では7月1日〜15日に贈るのが一般的ですが、関西など7月下旬から8月15日までをお中元の期間とする地方もあります。

Q2:贈るタイミングを逃してしまった場合は?

あわてなくても大丈夫です。そんな場合は、「暑中御見舞い」「残暑御見舞い」として贈ります。
暑中御見舞い:小暑(7月7日頃)から立秋の前日(8月6日頃)まで
残暑御見舞い:立秋(8月7日頃)から8月末頃まで

Q3:お中元の期間が喪中の場合は?

お中元はお祝いの品ではないので、贈る側、贈られる側のどちらかが喪中でも贈ることができます。ただし、忌中の場合は、時期をずらして「暑中見舞い」などに代えるとよいでしょう。

贈り物についての疑問

Q1:贈ってはいけないものは?

基本的に感謝の気持ちで贈るものなのでNGはない…と言いたいところですが、中にはイメージやそのものの性質を気にされる方もいます。例えばハンカチなどの別れを連想するものや、靴下など腰から下に身につけるものは「踏みつける」と受け取られることもあるので、特に目上の方に贈るときは気をつけるとよいでしょう。
迷った場合は、人気の和・洋菓子やジュース・ビールなどの飲料、食品などを贈ると安心です。

Q2:毎年贈るものは変えないといけない?

毎年、無理をして変える必要はありません。同じものを決めておくと選ぶ方もスムーズで、相手が心待ちにしてくれることもあります。相手が本当に気に入っているか、それとなく尋ねておくといいですね。

贈り方についての疑問

Q1:お中元は毎年贈るべき?

お中元は継続して贈るのが原則です。お中元の時期にお世話になった人にお礼をしたいという場合は、「御礼」や「感謝」としてお贈りするとよいでしょう。

Q2:お中元を頂いたらお返しは必須?

お返しは特に必要ありません。無事に受取ったというご連絡を兼ねて、まずは、すぐにお礼状を出しましょう。ごく親しい関係の場合は、電話やメールなどの略式でも大丈夫です。

ひと工夫でぐっと素敵に 感謝の「気持ち」が伝わるお礼状の書き方

感謝の“気持ち”を、ひと手間かけたお礼状で返せば、より感謝の想いが伝わります。
そんな時におすすめの書き方のコツをご紹介します。

はじめに知りたい!
お礼状書き方の基本

贈り物をいただいたら「お礼状」は、遅くとも3日以内に送りましょう。お礼状を書き慣れない方は、まずはこちらの基本の型に合わせると書きやすくなります。

お礼状をランクアップする
切手の選びかた

お礼状は文章だけでなく、切手などの細部にもこだわると、より素敵なものになります。古来より伝わる日本独自の文様を模した「和の文様シリーズ」の切手は、日本らしい贈り物文化であるお中元のお礼状を引き立ててくれます。そのほか、夏らしい爽やかな季節感のある切手もおすすめです。

※2017年6月1日以降にお手元の52円切手で、はがきをご利用になる場合は、差額分の郵便切手を貼り足していただく必要がありますのでご注意ください。

字に自信がない人に朗報!
あえて筆ペンを使うと、
味のある字に

筆ペンを使うと文字に強弱がつき、実はボールペンの文字よりも上手に見えます。バランスを取るのが難しい横書きより、縦書きがオススメです。

「絵入りはがき」を使って、
文章が苦手な人も
キレイな仕上がり

夏らしい絵入りハガキを使うと、季節感がでて明るいイメージになります。また、絵がある分、文字を書くスペースが少なくなるので、長い文章が苦手な方も、手軽に素敵なお礼状が書くことができます。

裏地 桂子さん

ギフトコンシェルジュ

愛媛県松山市出身。東京都在住。
ギフトコンシュルジュ、クリエイティブコーディネーターとして、雑誌や企画展などの商品セレクションをはじめ、ショップのプロデュースや商品企画、商品開発などを手がけ、企業の顧問も務めている。
食通、きもの好き、京都好きとしても著名。2012年より、京都、東京にて、個別指導の「草月流師範・裏地桂子のいけばな教室」を主宰。近著に「ごきげん力8つの育て方 運も縁も思うがまま」(ワニプラス)ほかに「わたし好みのデザイン和もの100選」(ラトルズ)、「わたし好みのHappyデザインギフト100選」(小学館)、「もの、好き。」(講談社)「贈る心得。ご縁結びのスイーツ」など著書多数。