手土産ギフト 手から手へとどける幸せ手土産ギフト 手から手へとどける幸せ

「ありがとう」「ただいま」「よろしく」の気持ちを込めて、手から手へ届ける贈り物 “手土産”。
人気・定番の老舗有名店のギフトから地域色豊かな珍味まで、持って行くと喜ばれる手土産をシーン別にご紹介します。

帰省の手土産

年末年始やお盆など帰省時の手土産には、長時間の移動にも安心な常温保存ができるスイーツ、晩酌がより楽しくなる珍味など、家族で楽しめるギフトがおすすめです。

ビジネスの手土産

部署異動や転勤、退職、新年度のご挨拶など、ビジネスシーンで用意したい手土産は「食べやすい」「配りやすい」を意識した、詰め合わせギフトがおすすめです。

ご挨拶の手土産

結婚のご挨拶、季節のご挨拶など、失敗したくないシーンの手土産は、誰もが知る有名銘菓や話題にしやすい見た目、こだわりが光るギフトがおすすめ。手土産をきっかけにお互いの意外な共通点がみつかるかもしれません。

ホームパーティーの手土産

新居のお披露目や気のしれた仲間とのホームパーティーに持って行くと喜ばれるギフトをご紹介。切り分けることで量を調整できる食べ物はもちろん、パーティーがより楽しくなる雑貨などもおすすめです。

失敗しない手土産選びを!

手土産の心得

  • 一番大切なのは「気持ち」

    相手のことを考えて手土産を選ぶ、買う、持って行く。すこし手間だけど、その分、言葉以上に「ありがとう」や「よろしく」の気持ちが伝わるはずです。惜しみなく手間と気持ちを込めましょう。

  • 迷ったら「定番」「ストーリー」で選ぶべし

    相手の好みが分からない時は、恐れず「定番商品」を選びましょう。また素材や製法といった商品の「ストーリー」で選ぶと、話も盛り上がるはずです。派手さや目新しさは二の次です。

  • 「高かろう 良かろう」ではない

    ビジネスや失敗したくないご挨拶では、気合を入れて価格の高い手土産を考える方も多いはず。しかしあまり高価なものは、相手に不要な気を使わせてしまう事も…。無理のない予算の範囲で贈りましょう。

  • 最後の「贈り方」まで気を抜かない

    どんなにステキな品でも、贈り方を失敗するとすべて台無し!手土産は手持ち袋や風呂敷から出して渡しましょう。またつい言いがちな「つまらない物ですが…」も実はNG。「ささやかな物ですが…」などに言い換えましょう。

あなたの欲しいがきっとある!

上へ戻る

ご質問はマルポスとカクポスへ

×

便利なサービス

  • LINEで郵便局
  • はこぽす

送る・その他サービス

  • ゆうパック
  • レターパック
  • SmartLetter
  • クリックポスト
  • Web レタックス